Spring has come.

新しい光が差し込み、世界が彩りを取り戻し始める季節。

そんな春の訪れをイメージして、妻の写真を撮った。

 

甲府の自宅にて。

 

“One of the most beautiful photographs I’ve ever taken -”

 

今まで撮って来た中でも、

 

最高に美しいと思う写真が撮れた。

 

まだまだだと自分を批判的に見る気持ちはあれど、

 

1年前ならきっと、

 

「どうやってこんなの撮るんだろう?」

 

って頭傾げてたと思うような写真が、

 

撮れるようになっている。

 

 

写真を撮ってるとき、

 

髪の毛や手の細かいポーズを作り込んでいる最中に、

 

妻が一言

 

「(まるで)ブツ撮りだね」

 

って言った言葉に、

 

少しハッとした。

 

 

去年の後半から、

 

自分が夢中になれる写真の世界を知ってから、

 

今まで自分が歩いて来た軌跡をふと、

 

思い返した。

 

 

ストロボ・ライティングというものに出会い、

 

ブツ撮りというものに出会い、

 

それぞれに魅了され、

 

敷居が高くて自分には関係ないと思い込んでいたものが、

 

実は自分が一番夢中になれるものたちであると知った。

 

 

 

自分にとって、そして相手にとって、

 

宝物だと思える写真たち。

 

 

そんな写真を、

 

今年はたくさん撮っていきたい。

Shohei Shimizu Photography

「命の輝きを撮る写真家」清水 翔平

0コメント

  • 1000 / 1000