shimshohei

記事一覧(5)

最高潮の怒りが教えてくれたもの

また嫁さんと盛大に喧嘩しましてw 久しぶりに最高潮の怒りを感じた出来事だったけど、それを乗り越えた時に出てきた腹からの自分の声に出会えたことが、一番のギフトだった。 と言うか、ここまで怒りを発動しないと自分の本当に言いたいことすら自覚できないのかと気づいて愕然としたw  自分でも自覚していなかったけど、ここ最近、自分としてはかなりドライブをかけて頑張ってきたつもりで、 それで自分の中のしんどさとか本当はもう少し体を休めたい…と言う気持ちをだいぶ無視してやってきた。 それが今回の現象を作り出したなぁと。 まぁそれでも、結局最後に出てきたのは 「やりきりたい」 だったんだけどw  きっかけはまぁ、いつものごとくあまりに些細なことなんですがw ありがたいことにいろんな方から出産祝いを頂いていて、でもそのお返しがなかなか決まっておらず、嫁さん的にそれがなかなか重たくなっていたそうで。 そんでちょこちょこ、内祝いいつ考えようかー?みたいなこと言われてたんだけど、 「ちょっと今はこれやりたい」みたいな感じで、毎日毎日、スルーしてた私(あまり自覚してないw)。  んで今日。 前日のうちに今日俺のやることをリスト化してて、それ通りに午前中は、自分のことをやってた。 お雛様の片付けとか、洗濯とか、色々家のこともあったんだけど、 特にお願いもされなかったから、嫁さんは一人でそっちやりつつ、僕は作業を続けてた。 でも途中から、なんか様子がおかしい。 どうも不機嫌。嫌な空気を出し続けてくる。表情があからさまに死んでらっしゃる。 今、自分のビジョンとか作っているんだけど、フィードバックとかもらいたいから「これ読んでみて」と言っても、 読み終わって一言 「ふーん、じゃ、頑張ってください。」 いや、他人事感www  そして、戦いの火蓋は切って落とされた。 なんでそんなに不機嫌なの?と聞いてみた。 そしたら、 「自分のことばっかり」 と。 この瞬間から、怒りが徐々にこみ上げてきた。 そして少ししてから、ものすごいでかいエネルギーの怒りであることに気がついた。 しばらく固まってた。 そこらじゅうのものに当たり散らしたい衝動を抑えながら、相手に向けられた怒りに支配されていた。  嫁さんが一言、 「なんで何も言わないの?」  怒りに浸り、自分を感じる中で、気づいていた。 一番言いたかったことは、「人のせいにしてんじゃねーよ」ってことだった。 自分がやりたいことができないと言うことを、自分のせいにされたと感じたことに、怒りを感じていた。 でも、言えなかった。言うのが怖かった。 少しして、言うのが怖い、その理由がわかった。 怒りのエネルギーがでかすぎるんだ。このエネルギーを全て出してしまうと、相手を傷つけてしまうんじゃないか?何かを壊してしまうんじゃないか?って。 傷つけたくないけど、ぶん殴りたかった。何も壊したくないけど、そこらじゅうのものに当たり散らしたかった。 「怒りをぶちまける自分」 それを見たくなかった。 正確に説明すると、 怒りをちゃんと伝えたかったし、声に怒りを込めたかったけど、一言でカッコよく怒りを表現したい、と言うエゴがあった。(書いてて自分でなんじゃそりゃ?って思うけど、でもそれが本当だ。) カッコよく怒りを表現したかった。けど、その表現方法がわからなかった。 小・中学生の頃、友達とのやり取りの中で、本気で怒っているのに、本気で怒っていると思われなくて、バカにされたことがあった。 「怖くなっw」 ってバカにされたことが、何度もあった。あの時の死ぬほど悔しい気持ちが、思い出されていた。 小さい頃、 「弱っちい自分」 が嫌で嫌で仕方なかった。 「しょうへい」 って言う名前の響きが、優しげで、弱々しくて、 自分の名前が嫌いだった。(今は好きだけど。) 弱々しい自分を、絶対に見たくなかった。恥ずかしかった。  怒っていることを、わからせたかった。わからせるためには、いろんなものに当たり散らす必要があった。でもどっか冷静な自分もいて、 「これに当たったら怪我するな」とか、「これは修理代が高くつくから当たれない」とか、心の中で思ってもいたw  そんなわけのわからない葛藤の中に、身を委ねていた。行き場のない怒りに、浸りきっていた。 全身は硬直し、息は荒かった。 やっと勇気を出して、 「人のせいにしてんじゃねーよ」  静かに言ってみた。けど全然スッキリしない。違和感しかない。エネルギーを隠していたから。  「分かったのかって聞いてんだよ」  やっと出せた。腹からの声。まっすぐに怒りを吐き出した時、緊張が走った。二人ともが、相手にまっすぐな怒りをぶつけ合っていた。けど、エネルギーが流れ始めるのが分かった。 緊張が極限まで高まった瞬間からは、 出てくる言葉、全てが腹から出る本音だった。 一瞬で、間髪入れずに本音が出てくるのが、怒りに満ちているのにもかかわらず、気持ち良かった。 そうか、ここまでならないと、俺は本音が出てこないんだ、ってことが分かった。 せき止めていた本音を出すために、怒りの力が必要だったんだ。 それだけ強い力で抑え込んでいたんだ。   そっからのやりとりは、光に還る時間だった。  「私が何を人のせいにしているって言ってるの?」 「話し合ってくれないことを俺のせいにしてるって言ってんだよ。本気で話し合いたかったんなら、『今向き合って、私のために今1時間ちょうだい』って、言えなかったのはなんで?」 「なんでそこまで言われなきゃいけないの?そこまで考えてくれてた?話し合おうって思ってた?」 「自分のこと終わるまでは、できないと思ってた。 …いっぱいいっぱいだった。全然余裕なかった。」  「そうだったんだ。言えなかったのはなんで?」  「…わかってほしかった。わかってくれないのが怖かった」  それが一番言いたかったことだった。それを言うことを、禁止していた。  言えた瞬間、涙がボロボロ出てきた。 俺は、弱音を吐きたかったんだ、本当は。その自分を、わかってあげられた瞬間だった。 そしたら、さっきまであそこまで怒り狂っていた心が、嘘みたいに静まり返っていた。 そして、さっきまで全身全霊の怒りをぶつけていたのに、ここまで向き合ってくれた嫁さんに対する、感謝の気持ちしか残っていなかった。  怒りだって、やりきれば感謝に変わるんだ。 だけど、普通の多くの場合、そこまでできずに、やめてしまう。怒りを引っ込めてしまう。その場は自分が悪かったことにして、心の中では相手を恨み続けるたりする。その拗らせた相手への怒りは、そのまま、自分を大切にできなかったことへの、自分自身への怒りだ。 自分を本当に大切にしていれば、怒りすらも大切にできていれば、 本当は感謝しか残らないんだ。  それを、いろんな人とぶつかっては何度も体験してきたけど、 今回、それを改めて強く感じる出来事だった。 春分前の期間はパートナーシップに向き合うことで自分という存在の現在地を浮き彫りにする、 というようなメッセージをどっかで見たけど、まさか本当に、パートナーとまた向き合う瞬間が来るとはw そしていつもそれはアーティストコンサルの前日に起きるww  その後、これからどうすればいいか?と言う部分を話し合って。 それを考えた時に、出てきたのは結局、 やりきりたい。自分のことも、嫁さんが俺にして欲しいと思ってることも、どっちもちゃんとやりきりたい。 だった。 それからすぐに時間決めて、やることにしたら、すげースッキリしたwあんなに何日も引っ張っていた内祝いも、1時間くらいでソッコーで決まったw    余談だけど、 不思議なもので、子供は一番激しく言い合っている時ほど、スヤスヤと気持ちよさそうに寝ているw怒りをフルゲージまで溜めている時はギャーギャー泣いてたのに、爆発させている間は天使のような寝顔でいらっしゃる。 子供はエネルギーの滞りにすげー敏感らしい。そして、エネルギーが流れていると、それがどんな種類のエネルギーだろうと、居心地がいいみたいだ。 喧嘩が終わって子供が目覚めると、俺らの顔を見て、めっちゃ嬉しそうにニコニコ笑ってた。いやーうちの子かわいいw

情熱の原点

つまらない毎日が、ただ繰り返されていく日常に嫌気が差していた。安らげない週末。休んでいるはずなのに、頭のなかはいつも、休みが終わることばかり。憂鬱な月曜の朝がどうせやってくるもう休みが終わる…早くも次の休みが待ち遠しい今週はこの仕事を片付けないとなでもやる気がでない…みんなを納得させられる成果など、出せるはずもないそんな力は自分にないと自分を諦めていたつもりになっていた。ぶら下がり社員でいいや…楽になりたい…紐を切られたタコのように流されるがまま過ぎていく日々。給料日、増えていく口座残高を眺めるのが唯一、少し嬉しくなる瞬間だった。エンジニアとしての階段を上がることなど、果てしないことのように思えた。とてもじゃないけど、着いていけない…成長が遅い自分を、みきりをつけられるんじゃないか、「できないやつ」そんなふうに、呆れられたと感じるその瞬間がやってくることをただ、恐れていた。  熱くなりたかった。部活と共に過ごした青春。 ひたすら熱中していた。こんなことをして、なんになるのだろうか?そんな疑問すら持たないまま、ただ気持ちの赴くままに、ひたすら練習に打ち込んだ。もっと強くなりたい上手くなりたい試合で勝ちたい自分らしいパフォーマンスを発揮したい。 うまい自分に、強い自分に、酔いしれたい、認められたい成長して見返したい相手を打ち負かしたいすごいと思われたい、そんな気持ちもあったけれど。「バドミントンプレーヤー」というアイデンティティーだけが、自分にとって誇りだった。プライドを持っていた。それだけが生き甲斐で、それだけあれば十分だった。認めてくれない人への苛立ちと、失望が、常に隣り合わせではあったけれど。熱かった。楽しかった。こんな日々が、ずっと続けばいいと思っていた。自分の限界を知りたい。どこまで行けるのか、自分も知らない自分に出会いたい。そう思って、高校時代、県大会にすら出られなかった自分が、全国の強豪が集まるチームで練習したいと、関東1部リーグ所属の私大に入学することを選んだ。僕から見たら、スター選手ばかりだった。部員は軒並み全国大会の上位入賞者。そんな中に飛び込むのは、恐ろしいことだった。相手にされないんじゃないか。無視されるんじゃないか。いじめられるかもしれない。強い人は、みんな恐そうに見えた。弱い人など、口も聞いてもらえないかもしれない。人生で一番ありったけの勇気を振り絞った。今思うと、あれが人生で初めて、自らの意思でバンジーを飛んだ時だった。いじめられようが、無視されようが、自分が強くなるための、最高の環境を選ぼう、そう覚悟した。コネなど全くない。ホームページにあった問合せフォームから、震える手で文字を打ち、部員の方にコンタクトを取って、入部させてほしい、大学入学前の春休みから練習に参加させてほしいと頼み込んだ。練習はキツかった。嫌になることも何度もあった。それでも、必死に食らいついた。自分で決めたことだから、投げ出すことはなかった。テスト期間が嫌だった。練習がなくなるから。体育館が空いてれば、一人でも練習し続けた。バカにされることは多かったけど、そうやってアホみたいに練習しているうちに、みんな真剣に教えてくれるようになった。できなかったことができるようになっている、それを感じる瞬間が本当に嬉しかった。それをこつこつ積み重ねるうちに、プレーの質はまるで別人のように変わっていた。バドミントンが、今まで以上に楽しくなった。結果らしい結果はついに残せなかったけど、留年して部活をやめるまでの3年間、やりきった。練習を休んだ日は3年間で、片手で数えるくらいしかなかったと思う。悔いはなかった。  「情熱の原点」という言葉を見たとき、思い出したのが、このエピソードだった。誰もが、胸のなかに持っているはずだ。何かにまっすぐにエネルギーを注いだ瞬間が。そのエネルギーを再び解放させてやるそのカギは、いつだってほんのちょっとの勇気だ。そして、輝きを失ってしまったと感じているなら、今の与えられたその持ち場で、まずはやりきってみることだ。小さな成功でいい。その喜びを感じられるまで。アホみたいに、コツコツ積み重ねていくことが、いつか自分が想像もしていなかった場所に、自分を連れていく唯一の手段なのだから。

Rose Cafeの撮影

先日の撮影会で、会場として使用させていただいたRose Cafe。 実はRose Cafeそのものも、撮影させていただきましたので、紹介します^^ とても可愛らしく、かつ洗練された空間。 全てカフェのオーナーJUJUさんの感性により、一つ一つ丁寧に選ばれ、配置されたアイテムたち。 カメラを寄せていくと、それぞれの場所に、それぞれの世界観があり、それがとっても魅力的でした。 北欧の田舎のプチホテルをイメージしたRase Cafe。この空間を完成させることは、JUJUさんの長年の夢だったそう^^こんなに居心地のいい空間もそうそうない。 お話を聞いていると、それぞれの場所で、どれが特にお気に入りなのかを話してくださり、JUJUさんのこだわりが本当に溢れていて、JUJUさんのRose Cafeに対する愛情がものすごく伝わって来て。 どこを切り取っても画になる、そんな空間。 撮影会での写真は、このRose Cafeと、いつも素敵なおもてなしで出迎えてくれるオーナーのJUJUさんがいたからこそ、出来上がったもの。 洗練された、安心の空間で、撮影に集中することができました。 本当にこの空間は素晴らしい。 窓やカーテン、椅子にテーブル、照明、棚や食器、様々なディスプレイ、トイレに至るまで(笑)、一個人の自宅で、ここまで丁寧に、完成度高く作り込まれた場所は、他にないのではないかと思う。 統一感のあるおしゃれな空間に、大きな窓があり、レースがあり、遮光カーテンがあり、夕方には西日がたっぷり降り注ぐこの空間は、撮影スタジオとしての利用価値も本当に高い。(JUJUさん手作りのお料理やお茶、お菓子も本当にどれも最高に美味しい!) 長野県にあるRose Cafe。ご興味のある方は、ぜひオーナーのJUJUさんまでお問い合わせください^^ また、裏メニュー的にですが、カフェやサロン等の出張撮影も承っておりますので、ぜひぜひメッセンジャーまでお問い合わせください^^オーナー様の思いの乗った空間。心を込めて、撮影させていただきます。